マッチングアプリを使ってカップルになれる3つの成功ポイント

年々利用者の増えるマッチングアプリですが、いざ使ってみるとなかなかいい人と出会えない女性も少なくありません。そこで今回は、女性がマッチングアプリを使用するにあたって、理想的な相手とカップルになるためのポイントについて解説します。

 

マッチングアプリでカップルになるためのステップ1「プロフ写真を盛りすぎない」

基本的に男性は、プロフィール写真の印象をもとに女性を選びます。そのため出来る限り写真は可愛くとるべきなのですが、必要以上に盛りすぎるのはNGです。なぜなら、最近は簡単に盛れるアプリがすっかり定着しているので男性の目も肥えていて、明らかに盛りすぎている写真は敬遠されてしまうからです。

また、写真を盛りすぎてしまうと、実際に合うときに相手の期待値のハードルが上がりすぎるのもデメリットですね。snowやcamera360といったアプリなら、過度に加工しなくても自然に綺麗に撮影できるので、その程度の美肌効果を加えるぐらいがちょうどいいでしょう。あとは角度にこだわることで、「詐欺」と思われずに目を引くプロフ写真が作れます。

 

マッチングアプリでカップルになるためのステップ2「プロフィール文はシンプルに」

写真さえきちんとしたものをアップすれば、プロフィール文はおまけのようなものです。ただ、あまりに長すぎる文章や、「◯◯な人はNGで!」のようなキツい表現は避けるようにしましょう。会うか会わないかの選択権は基本的に女性側にあるので、プロフィール文章で細かい条件を載せる必要はありません。また、定番ですが「会社の先輩に誘われて登録してみました」という一文を入れることで、出会いに必死になっていない印象を演出できます。

 

マッチングアプリでカップルになるためのステップ3「一回目からお酒を飲みに行かない」

誰でも簡単に登録できるだけあって、下心だけでマッチングアプリを利用する男性も少なくありません。なので、最初から居酒屋やバーなどのお誘いに乗るのは多少なりリスクがあります。真剣交際を目指すなら、初めて直接会う男性には「お茶でも飲みませんか?」と提案してみましょう。

もし下心全開の男性なら、「お酒が飲みたい」「カフェは苦手」などと言ってディナーデートに誘導してきます。女性の気持ちを大事にする男性なら、お茶の提案でも受け入れるでしょう。不謹慎な男性をふるいにかける意味で

参考:マッチングアプリおすすめ一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です